PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at

2011年12月08日

揚げじゃがの甘味噌



1.じゃがいもを適当な大きさに切り、耐熱容器に入れて、レンジで5~6分加熱。
柔らかくなったら、鍋に入れ、上から油をかけて、揚げじゃがに。

2.砂糖大匙3と味噌大匙2を耐熱容器に入れ、1分加熱。
混ぜて再び様子を見ながら30秒加熱。
甘味噌の完成。

3.1に2をからめて出来上がり。出来たてはとてもおいしい!
揚げたじゃがいもと甘味噌の相性ばつぐん。
  

Posted by スポンジボブ at 16:21Comments(0)料理

2011年12月01日

金時豆

子供たちは豆類が好きなので、今日は金時豆を煮ました。

金時豆:1カップ
水:豆の3倍くらい

を朝、圧力鍋にいれて戻します(圧力鍋でなくてもいいのですが。)。

夕方、水を捨て、再びひたひたに水を入れて、圧をかけ、圧がかかったら自然冷却。
水を捨て、

砂糖:1カップ
塩:ひとつまみ

を入れ、再び圧をかけ、圧がかかったら自然冷却。

はじめの下ゆでで柔らかくしておかないと、調味料を入れた後は柔らかくならないので注意。
こんなに砂糖を入れても、それほど豆は甘く感じない。
調理してる側からみると、この砂糖の量はびっくり。









  

Posted by スポンジボブ at 16:37Comments(0)料理

2011年09月01日

豚肉とニンニクの芽炒め



豚肉とニンニクの芽炒め(5人分)

豚肉(一口大に切る):300g
ニンニクの芽(5cm程度に切る):1袋
しめじ:1パック
塩・こしょう:適量
GABAN花椒:適量
しょうゆ:大1

作り方:
1.フライパンにごま油を熱し、豚肉を炒め、色が変わったらニンニクの芽を加えて柔らかくなるまで炒める。
2.しめじも加え、塩コショウ、花椒、しょうゆで味付けする。

私がニンニクの芽を初めて食べたのは、結婚して主人の実家で夕食を食べたとき。
シンプルなのに、とてもおいしかったんです。
私の実家では、ニンニク類は一切出なかったので新鮮でした。

花椒は、ずっと気になっていた調味料だったのですが、初めて試すことができました。
ぐっと中華風になるのがうれしいです。
「中国の山椒」だそうです。

【レシピブログの「夏に美味しい!スパイスで本格中華レシピ」モニター参加中】
中華スパイスの料理レシピ
中華スパイスの料理レシピ
  

Posted by スポンジボブ at 23:10Comments(0)料理

2011年08月09日

いわしのタルタルソース焼き



いわしのタルタルソース焼き(5人分)

いわし:7尾
小麦粉:適量
玉ねぎ:1/4個
ミニトマト:5個
ニンニク:1かけ
マヨネーズ:大3
ハウスのっけてジュレ <柚子こしょうぽん酢> (大人用):適量
ハウスのっけてジュレ <ぽん酢> (子供用):適量

作り方:
1.いわしは三枚におろし、塩こしょうして小麦粉をつける。
2.フライパンで両面を焼く。
3.玉ねぎ、ニンニクはみじん切り、ミニトマトも小さく切り、マヨネーズ、塩コショウを混ぜる。
4.グリルにオーブンシートをしき、焼いたいわしを並べ、上に3をかけ、3分程度焼く。
5.盛り付けて、上にハウスのっけてジュレ <柚子こしょうぽん酢>かハウスのっけてジュレ <ぽん酢>を好みでかける


ジュレタイプなので魚や肉との相性がとてもよく、味がよくからんでおいしくいただけます。

【レシピブログの「ハウスのっけてジュレ<ぽん酢><柚子こしょうぽん酢>」アイデアレシピコンテスト参加中】
のっけてジュレの料理レシピ
のっけてジュレの料理レシピ
  

Posted by スポンジボブ at 21:53Comments(0)料理

2011年08月09日

夏野菜のサラダ



うちでとれた野菜でサラダを作りました。

夏野菜のサラダ(5人分)
ミニトマト(ピュアスイートミニ):10個
ミニ人参:2本
きゅうり:1/2本
おくら:3本
マヨネーズ:適量
塩:少々
ハウスのっけてジュレ<ぽん酢>:適量

作り方:
1.おくらはレンジで1分半加熱し、冷やして食べやすい大きさに切る。
2.きゅうり、人参は千切り、トマトは大きいものは半分に切る。
3.1と2をボールに入れ、マヨネーズ、塩、ハウスのっけてジュレ<ぽん酢>で和える。
4.器に盛った後、ハウスのっけてジュレ<ぽん酢>をかける。

マヨネーズとポン酢の組み合わせはとても好きでよく作るのですが、このジュレタイプは素材に絡みやすいのでサラダなどには味がよくからんでおいしくできました。

【レシピブログの「ハウスのっけてジュレ<ぽん酢><柚子こしょうぽん酢>」アイデアレシピコンテスト参加中】

のっけてジュレの料理レシピ
のっけてジュレの料理レシピ

  

Posted by スポンジボブ at 21:37Comments(0)料理

2011年07月17日

家庭菜園とぬか漬け



最近はまっているのが「ぬか漬け」。
夏になると、庭で夏野菜を作るのですが、毎日取れると食べるのに困ってしまうので、ぬか漬けにしようと毎年思うのですが、なかなか続けられません。

でも、ことしは結構続いていますよ。

パルシステムで見つけた「かき混ぜなくていい熟成ぬか床」を使ってみると、味もはじめからなかなか良く、使い勝手がとてもいいので、続いています。




今日はさっき庭でとれたなすのきゅうりを漬けてみます。
このあと、ちゃんとぬかの中にかくれるようにしますよ。

ぬか床といえば、毎日かきまぜないとすぐかびる、手入れが大変、置き場所に困る、なかなかいい味にならない、と悩みがあったのですが、今年はこの「熟成ぬか床」で解決しました!

ちょっと目にした雑誌でも、乳酸菌は身体にいい、ということで、毎日ヨーグルトをたべたり、乳酸菌飲料を飲んだりしてお腹の健康には気をつけようとしていますが、夏はぬか漬けで乳酸菌を取りたいと思います。

袋には野菜をそのまま入れて、漬ける目安の時間もかいてあり、冷蔵庫にいれておくといい、と書いてありますが、
私はまず野菜に塩をかるくまぶして室温におき、半日くらい漬けた所で出すようにしています。
漬け終わったら冷蔵庫で保管しています。何日かおきに使っていますが、この使い方だと味もよく、保管もうまくできるようです。

悩みは、朝に漬けると仕事に行くときに手がぬか臭いこと。。。

パルシステム おいしい手づくりコミュニティ  
タグ :ぬか漬け

Posted by スポンジボブ at 11:05Comments(0)料理